意外と差がつく?中途採用における「転職理由」の重要性

皆さんが転職を考える理由って何ですか?

「自分の人生なんだから、人の勝手だろう!」という方にはさすがに会ったことはありませんが、面接でこの質問をしたとき、思ったより理由が明確でないことが多いです。

意外かもしれませんが、中途採用担当として数々の面接に入ってきた僕からすると、転職理由は書類選考や面接における重要なポイントです。

特に、日本の大企業に転職して、腰を据えて長期的に(定年まで)働きたい。
という方には意識していただきたいと思いますので、今日はその理由と具体的にどうしたらよいのか紹介します。

定年まで働いてほしい

僕が勤める企業も含め、日本の多くの大企業には終身雇用の考えが残っています。

ある見方をすれば悪しき伝統と捉える方もおられるかもしれませんが、これは単なる伝統ではなく理由があります。それは人材育成の観点から考えると、従業員には定年まで働いてほしい理由が納得できると思います。

まずは、皆さんのイメージで良いので、パッと思いつく大企業を思い浮かべてみてください。

おそらくそれらの企業は、歴史が長く、様々な製品を、様々な場所で扱っていて、多様な職種がある(多くの仕事を分業している)のではないでしょうか。

じゃあ、これらのビジネスを継続していくためにはどんな人を育成する必要があるでしょうか。

極端ですが、最終的に社長になるとすれば、自社が扱う様々な製品やビジネスを知り、そのビジネスをどのように回しているのか理解している人でなければなりませんよね。何か一つの製品や業務を専門的に分かっているだけではだめで、総合的に分かっている必要があります。いわゆる「総合職」という人たちのことです。

一般的に総合職といえば将来の幹部候補を指しており、たとえ社長にまでならなくとも総合職で入社した人は部長や課長など、将来的にある一部門を統括するようになります。そのためには様々な経験を重ね幅広い知見をもつ人材を育てる必要がありますが、このような人材を育てるには、長い時間をかけて指導や研修といった「投資」をしなければなりません。

このように、育成には時間がかかるし(投資)、育てた人材には出来るだけ長く活躍してほしい(回収)ということで、企業は採用した人材には定年まで働いてほしいと考えるのです。

「キャリアアップ」は逆効果?

こういった背景を踏まえて企業の視点に立つと、履歴書や面接でよく聞く「キャリアアップのため」とか「新しいフィールドでさらに成長したいため」といった転職理由は逆効果であることが分かります。

採用する側としては「優秀でやる気もあるようだけど、キャリアアップしたらまた別の会社に行ってしまうのではないか」といった不安がよぎります。

ただし、この回答はバツ。というわけではありません。

本当にキャリアアップが転職の理由だとしたらどうすればよいか、後ほど紹介します。

志望理由は参考程度

また、応募先への志望理由も大した効果を発揮しません。

超売り手市場の現在、企業は応募者が複数社の選考を受けていると考えているためです。

「どうせ他も受けているんだろ」というひがみではなく、リスクをとって転職活動をしているのだから複数の選考を受けるのは当然のことと理解しているのです。そのため、自社の志望理由を聞いてもそれほど意味がないと考えています。

それに長期的に働く意志があるかは志望理由を聞いても分かりません。聞かれるとすれば「どんな業界を受けているか」「自社の応募に行き着いたプロセス」です。

これを聞くと、応募者が転職に対してどんな志向を持っているか、何となく知ることができます。例えば「特定の技術を活かしたい」「現職(前職)と同業界で働きたい」「高い給料がほしい」「業績が安定した会社に入りたい」などなど・・・

時には「転職で何を叶えたいですか?」とストレートに聞くこともあります。ですが、正直に答えてくれるか分かりませんので本音を聞くために上記の質問をしています。

転職理由はシンプルが一番

では書類選考や面接対策としてどんな転職理由であれば、企業を納得させることができるでしょうか。

「ああ、それなら仕方ないな」といえるものがベスト。しかも一言でバシッと言えるようにしておくことをオススメする。面接では、まず一言で答えたあと、その背景などを詳細に説明すると伝わりやすいです。

具体的に納得しやすい理由とそうでない理由を挙げてみました。

  • 納得しやすい理由

会社の業績不振、あまりに酷い労働環境(労基法に触れる等)、やむを得ないUターン・Iターン

  • 逆効果な理由

キャリアアップ、現職が向いてない

前述の通り「逆効果な理由」にキャリアアップを挙げましたが、本当にキャリアアップが転職の理由だとしたらどうすれば良いか。

この場合、正直にそう答えた上で、自分が前職で得たスキル・経験とさらに入社後キャリアアップすることで応募先の会社の将来のためどんな役に立てるか答えるのがオススメです。

これを回答するには会社のことをある程度調べなければなりませんし、将来のためを考えていることを示すことで長期的に働く意志を伝える効果があります。

このように、転職理由の納得感が高いと、信頼感さえ生まれます。

面接後に採用検討の会議が行われますが、意外と面接後の話題に登ります。プライベートな理由で転職する場合、なかなか話しにくいこともあると思いますが、採用側はそれを考慮した上で採用を検討します。例えば介護でUターンしたいといったことです。

これを隠して入社できたとして、その理由が原因で勤務に影響するかもしれません。だから面接の時点で正直に伝えておいた方が双方にとってハッピーな転職になります。配慮できない会社に入って後々困るのは自分ですし、「勤務に影響するような事情があってもあなたの経験・技術には価値があるから配慮する」。そう言われて入社した方がモチベーションも上がりますよね。

複数社経験してても挽回のチャンスあり

基本的には3〜4社経験しているとそれだけでネガティヴな印象をもたれます。「ジョブホッパー」か「飽き性」とみられるため、足切りの対象されることさえあります。

本当にただのジョブホッパーや飽き性だとしたら救いようがありませんが、やむを得ず転職を重ねてきた場合、明確な理由を説明できれば経験社数だけで落ちることはありません。1社1社、しっかりと説明しましょう。

おわりに

転職理由は大抵、エージェント経由で企業に伝わります。

エージェントに最初にコンタクトした時点で聞かれることがあり、そのときの情報がそのまま伝わる可能性もありますので登録前にしっかり確認しておきましょう。

小さなことに思えるかもしれませんが、最後に候補者が2名残った場合などに重要な比較の材料になりますので、意識して臨みましょう!

これから転職エージェントに登録している方、追加で登録しようとしている方はこちらの記事で転職エージェントを紹介していますのでチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です