就活中のあいさつは「こんにちは」でOK?現役人事が答えます

現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です!

就活生の皆さん、就活で会社の方と接する時のあいさつって、気になりませんか?

就活生
就活中に説明会や会社で社員さんになんてあいさつしたら良いんだろう
就活生
学生が「お世話になっております」は固いし、「こんにちは」だと軽すぎる・・・?

今回は現役人事の私がそんな疑問に答えます!

\この記事は3〜4分で読めます!/

就活中「こんにちは」は普通に使います。ただしTPOによって若干の違いも

結論から言うと、「こんにちは」は使っても問題ありません。

というか、普通に使います。

ただし、TPO(時・場所・場合)に若干の違いがありますので、2つのパターンに分けて説明します。

就活中あいさつするシチュエーション 2パターン

①説明会や会社訪問時

②面接時

①説明会や会社訪問時のあいさつ

説明会や会社訪問時に社員に会ったときは「こんにちは」しか言いようがありません。

午前10時頃までは「おはようございます」でも問題ありません。

説明会なら、例えば企業のブースに入ったときは「よろしくお願いしますだけ」でも自然です。

説明会で企業のブース以外で社員とすれ違ったときは「こんにちは」でOKです。

よく考えてみると、これって当たり前のことを言ってるだけなんですよね。

すれ違ったら「こんにちは」。

企業の説明をしてもらうなら「よろしくお願いします」「ありがとうございました」。

大学では、友達同士会ったら「お疲れー」、別れるときも「お疲れー」だったりしますから、就活になると悩んでしまうのかもしれません。

でも中学生・高校生の頃、近所の人にどんなあいさつをしていましたか?

会社生活でも同様なので、思い出しておくと良いかもしれません。

②面接時のあいさつ

面接時は少し特殊な場面です。

ほとんどの場合、面接は会議室などの部屋で実施されますが、入退室時は「失礼します」がスタンダードです。

また、面接でなくても誰かと別れるときには「失礼します」と言えば間違いありません。

まぁ、就職面接は本当に特殊な場面で、はっきり言って会社員として働いていてあんな力関係が一方的で、自然な対話がしにくい場面に出くわしたことはありません。(もちろん中には自然な対話ができる面接もありましたが)

ですから、面接の立ち振る舞いは最低限の形を頭に入れておけばOKです。

就活・面接でよく使うフレーズ

社員に会ったら → こんにちは、おはようございます

別れるとき → 失礼いたします

褒められたとき → ありがとうございます、恐れ入ります

失礼なことをしてしまったとき → 大変失礼しました、申し訳ありません

会社側が謝ってきたとき → とんでもないです

社員に声をかけるとき → 恐れ入りますが○○さんですか?

もちろん、面接官に「こんにちは」と言われる可能性もあるので、そのときは「こんにちは」と返しましょう。

面接官や社員は就活中のあいさつなんてそれほど気にしてない

ここまで、就活中のあいさつに関する疑問にお答えしてきましたが、ぶっちゃけ面接官は学生さんのあいさつなんて、合否を分けるところまで気にしてはいません。

それよりも大切なのは印象です。

あいさつの言葉がきっちりしてても、印象が暗かったら評価は下がることの方が多いです。

逆にあいさつの言葉は一般的なものでも、表情が明るく笑顔ではっきり話す方が良いことが多いです。

これは好みの問題なので一概には言えませんが、大手企業では上役(つまりは偉い人・年齢が高いことが多い)が面接官であることが多く、まだまだ「元気が良い学生の方が良い」という価値観を持っている人も多いです。

元気な人がいる職場は雰囲気が明るくなり、コミュニケーションが活発になるので、私も元気な学生さんの方が欲しいです。

社内で誰かと接する時に注意すること

それと、就活生が社内にいるときは、とりあえずすれ違ったり目があったりしたらあいさつすることをオススメします。

会社に入って分かりましたが、誰が偉い人か、知らなければ分かりません。

あえて「偉い人」と言ってますが、これは決裁権のある人のこと考えてください。

そうとは気がつかず、人事の偉い人に失礼なことをしたら、採用担当に「あの学生は…」という情報が入ります。(ドラマの世界のような話ですが、未だにこんなことはあります)

だから、「この人は偉そうだから」という印象だけで接する態度を変えることをやめましょう。

おわりに〜就活の不安を解消するには?

以上、就活中のあいさつは「こんにちは」でOK?という疑問にお答えしました。

とはいえ、就活に関する不安や疑問が無限に湧いてくると思います。

私自身も内定ゼロの時にはそうでした。

それでも就活を乗り越えることができたのは、一つ年上の先輩からアドバイスをもらえたからです。

就活生同士で情報交換しても、根拠のない噂も飛び交うのでいらぬ不安を抱えることも多かったです。

一方、経験者の話は信頼性も深みも違いましたし、何より安心して就活に関する臨むことができました。

じゃあ、頼れる先輩がいないなら誰に頼れば良いのでしょうか?

心配はいりません。

今の就活生の皆さんを本当に羨ましく思うのですが、今は就活エージェントという存在があるんです。

就活エージェントとは、会社紹介やエントリーから内定まで就活のサポートをしてくれるサービスです。

▶︎代表的な就活エージェントは就活マッチングサービスMeets Company

ゴールの見えないマラソンで、正しいルートで伴走してくれるような存在です。

しかも無料で利用できます。

無料聞くと怪しいと思うかもしれませんね。

でもこれって考えてみれば真っ当なビジネスモデルで、就活生は就活のアドバイスや自分にマッチする企業の情報をもらえる。企業は自社にマッチ人材を獲得できる。その結果、就活エージェントは企業から報酬をもらうというものです。

それでも、最終的には合わなければやめちゃえばいいと思います。

損はないので、まずは登録してみてはいかがでしょうか?