就活の不安は全て解決!理系学生にオススメの「就活エージェント」を紹介

「就活って何から始めればいいの?」

「自己分析ってどうやるの?」

「ESの書き方が分からない」

「自己PRって言われてもPRできることが思いつかない」

「内定取れなかったらどうしよう」

こんにちは。現役メーカー人事のハルダディです。

就活をしていると、不安や悩みは尽きませんよね。そんな悩める就活生の皆さん「就活エージェント」って知ってますか?

それは、皆さんが抱える不安や悩みを一気に解決してくれて、かつ内定獲得まで導いてくれるめちゃめちゃ強力な助っ人です。もしかすると、周りで使っていてもあまりに強力過ぎてライバルとなる就活生には教えたくないのかもしれません。

そんな「就活エージェント」ですが、現役人事の僕が企業目線でみてももオススメしたいと思いました。

就活エージェントって?

すごく簡単に言えば、エントリーから内定を取るまで(エージェントによっては内定後まで!)就活のプロからアドバイスを受けることができるサービスです。

就活をマラソンに例えると、ウォーミングアップからゴールするまでずっと伴走してくれるような存在です。時にはほどけた靴紐に気づいて結び直してくれるような頼もしい味方です。

リクルートやマイナビといった、皆さんもよく知る人材紹介会社が運営するサービスが多いですが、最近では新卒採用に特化した会社も参入していてエージェントが乱立しています。そのためここでは現役メーカー人事の僕が、理系学生にオススメできるエージェントに絞って紹介します。

詳細は僕が説明するまでもなく、エージェント各社のサイトに分かりやすく説明されているので確認してみてください。

▶︎各エージェントの特長まとめへ

料金は?

気になるのはサービス利用にはお金がかかるんじゃないか、ということですよね?

このサービス、最後まで完全無料なんです。

▶︎無料?なら早く登録したい!という方はコチラ

何で無料なの?ボランティアなの?

無料と聞くと逆にアヤシイと思う方もいると思いますが、企業の視点に立つとその理由やサービスの仕組みがわかります。

最近の就活は売り手市場かつ短期化しているため企業はなかなか優秀な学生を採用するのは難しくなっています。そのため企業が就活エージェントにお金を払ってでも優秀な学生を紹介してほしいと依頼するんです。

就活エージェントとしては、紹介すれば報酬になるのでたくさん学生を紹介したい。でも優秀でない学生や企業に合っていない学生を紹介してしまうとエージェントの信頼が落ちてしまいます。だからエージェントは学生が選考で力を発揮できるようサポートし、個別相談によって学生を知りマッチする企業を探すします。

就活生にとっては、無料で就活支援を受けられる。つまり、企業・就活エージェント・就活生の3者ともメリットがあるビジネスなんです。

▶︎興味が湧いた方はコチラ

エージェントを使うべき人とそうでない人

この一見素晴らしいサービスですが、調べてみると就活生全員にとって有益なサービスではないようです。そこで、就活エージェントを使うべき人と使うべきでない人をまとめてみました。

エージェントを使うべき人

✔︎信頼できる相談相手がいない

✔︎ネットでしか情報収集をしていない

このような方は正しい情報が掴めない、あるいはどの情報を信じて良いか分からない状態になる可能性があります。就活は情報戦であり、適切な情報に基づき対策しなければ早期内定獲得は難しいし、誤った情報に基づいて入社してしまうと入社後にミスマッチを起こしてしまいます。

就活エージェントは業界や企業の情報を熟知しており、かつ個別相談で就活生一人一人を知った上で情報提供してくれる。

▶︎当てはまる方はコチラ


✔︎何から手をつけたら良いか分からない

✔︎自分のやりたいことが分からない

✔︎働きたい業界や企業が定まらない

就活の軸が定まらずに行動できていないパターン。就活初期によく見る学生です。

就活が短期化する前なら巻き返しできたのですが、就活開始1〜2ヶ月で選考が始まる現在、スタートダッシュの遅れは命取りとなります。

就活エージェントは個別相談で就活生の志向を明らかにしてマッチする業界や企業を紹介してくれるため、早期に軸を決めることが可能です。そして、どうやって就活を進めれば良いか最短ルートを示してくれます。

▶︎当てはまる方はコチラ


✔︎がむしゃらに説明会やイベントに参加している

✔︎まずは100社エントリーを目指している

行動しているのは良いのですが、情報を上手く活かせていない可能性があります。得た情報をESの記入や志望動機の検討など選考の準備に使っていなければ、いくら情報持っていても内定獲得には繋がりません。

就活エージェントなら、説明会などのイベント情報の提供してもらえます。しかも、イベントに参加した先に待つ選考を見据えた情報提供なので効率的に参加できる。

▶︎当てはまる方はコチラ


✔︎エントリーシートの書き方が分からない

✔︎自己PRに自信がない

✔︎志望動機が浮かばない

✔︎面接が不安

就活エージェント登録の最大のメリットが、選考に向けての準備をサポートしてくれることです。コチラを見てもらえば分かりますが、ES一つとってもたくさんの先輩の事例を参考に、志望する業界や企業に合わせて具体的な対策ができる。

▶︎当てはまる方はコチラ


✔︎周りが就活を終えて焦っている

✔︎内定を取れないかもしれない不安がある

✔︎就職浪人は許されない!ヤバイ…!

とにかく漠然とした不安を抱えているパターン。一人で考えて思考が堂々巡りに陥っている可能性があります。この場合は、客観的に意見をくれる人を見つけて相談するのが最善策です。正しければ大丈夫。間違っていればダメと言ってくれる人が良いです。

就活を経験した先輩や内定を既にとった友人がいれば相談すべきですが、もし周囲にいなければ就活エージェントに相談してみてはいかがでしょう。僕ならどうせ誰かに相談するならプロを選びます。

▶︎当てはまる方はコチラ

エージェントを使わない方が良い人

✔︎絶対に入ると決めた業界や企業がある

✔︎自分のアピールポイントに自信がある

✔︎自分以外信用できない

✔︎就活を諦めた

就活エージェントは情報やアドバイスをくれるサービスです。そのため自分のやり方が確立している人にはオススメしません。曲げたくない自分の軸があるのに他の軸ができてしまったら、自分のスタンスがブレてしまいます。

そこで生まれた迷いや嘘は面接官に伝わるものです。面接官だって普段何百人という人と相対して仕事をしているプロですから。

あと、就活へのモチベーションが低い人も残念ながらオススメできません。なぜなら選考を受けるのは自分自身だからです。本人がやる気がなくてESを書けなかったり面接対策をしなければ、エージェントを使っても内定獲得は難しいでしょう。

各エージェントの特長まとめ

最近は各人材会社が参入しているため、多くのエージェントが乱立している状態です。就活生からしたら、また俺たちを迷わせるのか!と言いたくなりますよね。だから、今回はメーカー人事目線で、メーカー就職を希望する就活生のためにオススメできるエージェントをピックアップしました。

数ある中からエージェントは厳選しましたので全てオススメできます。そのため、あえてランキング形式にはせず、五十音順で紹介しています。

キャリセン就活エージェント

ここに注目!

✔ 「相談」から始まる就活支援サービスということで、まずは1時間の面談を実施すると明言してます。実は他のエージェントではここまで言ってないんです。一言でメーカーと言っても機械メーカーなのか化学メーカーなのか、はたまたプラントエンジニアリングなのか、それとも…。理系学生には選択肢が多過ぎて絞り込むのが大変です。自分の興味だけで絞り込んで失敗するより、じっくり時間をかけて相談できるエージェントなら、自分に合う業界を見つけてくれるでしょう。

✔ 実際に内定を獲得した先輩のESやインタビューを多数掲載。どんなに書き方のコツを聞いても、実際に内定をとった方法を真似ることには敵いません。身近に頼れる先輩がいなくてもキャリセンに登録することでカバーできるということです。

マイナビ新卒紹介

ここに注目!

✔ 理系学生には工学部や理学部出身のアドバイザーからカウンセリングと企業紹介が受けられます。

✔ 業界研究、面接対策、ES添削などのセミナーを多数開催。また就活だけでなく入社後にも役立つ経産省推奨の「社会人基礎力」を鍛えるための研修も開催しています。

✔ 企業への採用コンサルをしているため、採用活動そのものを企業と一緒に行っています。そのため企業の採用基準や求める人材像を明らかにするとともに、面接後のリアルなフィードバックを受けられます。

リクナビ就職エージェント

ここに注目!

✔ 企業利用数No. 1ということで、求人数が膨大。きっと働きたい会社があるはずです。

✔ 理系学生には専攻別に知識を活かせる業界やキャリアパスを紹介。はっきり言って会社に入ってみないと自分の専攻がどこに活かせるかなんて分かりません。機械メーカーだって化学系学生を採用することもあるんです。ですから専門的知識を持つエージェントからアドバイスを受けることはひじに有益です。

✔ 1枚の履歴書で複数企業受けることができる「OpenES」サービス。もちろん添削も無料です。今の就活期間なら効率化は重要です。履歴書を書く時間を短縮しちゃいましょう。

理系就活チャージ

ここに注目!

✔ エンジニア専門の転職エージェント「メイテックネクスト」が評判のメイテックが運営するサービス。僕自身中途採用を担当しているのでメイテックのエージェントと関わることがありますが、求職者の専攻や募集職種への理解度が高いです。

✔ エージェントが理系出身、メーカー経験者。「研究内容が分かりにくく、上手く説明できない」「研究に専念してたので部活やサークルでアピールできない」こういった、理系学生ならではの悩みにもアドバイスしてくれます。

✔ 専門的なセミナーを多数開催しています。「専攻学科別」「業界別」「就活ステップ別」のセミナーが開催されていますが、やはりメーカーを知り尽くしたエージェントが開催する専攻学科別と業界別は特筆すべきです。

【これは便利】無料就活アドバイザー比較サイト cocoriku(ココリク)

最後に、エージェントではありませんか、数ある就活エージェントから自分に合うアドバイザーを検索して登録できるサービスを紹介しておきます。

ここまでメーカーを目指す就活生に本当に役立つエージェントに厳選して紹介してきましたが、どんなに評判のエージェントでも、当然担当アドバイザーによって力量に差があります。

通常のルートでエージェントに登録すると自分でアドバイザーを選ぶことができませんが、「ココリク」ならアドバイザーを選ぶことができますので、自分が相談したいアドバイザーに担当したもらうことができます。

どうせアドバイスを受けるなら自分が信頼できると思うアドバイザーが良いですよね!

おわりに

現在の就活は非常に短期化しているため効率的に進める必要があります。関連記事にも書きましたが、短期化してるからこそチャンスでもあります。

▶︎関連記事:就活の短期化はチャンス!面接直前でも間に合う企業研究5つの手順を現役人事が紹介

だからこそ、今、就活エージェントの重要性は高まっています。ちなみに、転職ではエージェントを利用するのが当たり前です。なぜなら、転職なんて滅多にすることはないし、働きながら転職先を探さなければならないためとにかく時間がありません。そうなるとアドバイスを受けて効率的に進める必要があります。

就活も同じです。ほとんどの学生が初めて経験するものですし、短期間に説明会に行ってES書いて、企業研究もして、さらにアルバイトも部活もあり普通に取り組んでいては手が回りませんよね。

また、就活エージェントは企業のことを熟知しているため、ミスマッチを防いでくれます。エージェントから紹介された学生が入社後すぐ辞めたらエージェントの信頼は落ちてしまいます。その意味でも安心できるサービスです。企業の視点に立つからこそ就活エージェントはオススメできます。

足踏みしている方、僕には迷う理由が分かりません。まずは登録だけでもしてみてはいかがでしょう。

人生を左右する出会いが待っているかもしれませんよ。

▶︎エージェントの特長まとめに戻る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です