【転職】スカウトサービスに登録したら会社にばれる?現役人事が答える

現役メーカー人事のハルダディです。

会社に内緒で転職したいけど、転職サイトのスカウトサービスに登録してもバレないかな…?

結論から言えば、転職サイトのスカウトサービスに登録しているだけなら、ほとんどバレることはありません!

でも、一部バレるケースもありますし、転職サイトに登録する以外にもバレるケースがありますので、この記事では紹介したいと思います。

転職サイトのスカウトサービスに登録していてばれることはほとんどない

リクナビNEXTや Miidasなど、転職サイトのスカウトサービスは、求人を出している企業がスカウトサービスに登録している人のレジュメ(簡単な履歴データ)を見ながら、気になる求職者に声をかけるサービスです。

当然、企業側が見ることができる情報は限られており、社名を見ることはできません。

レジュメ公開ブロック機能でバレることを防止

しかし、レジュメの内容が具体的であればあるほど、社名を見なくても自社の社員であることはバレやすくなります。

そんなリスクを避けるため、スカウトサービスにはレジュメ公開ブロック機能がついています。

これは、自社や取引先など、公開したレジュメを見て自分を特定されそうな企業を選んで、その企業の人がレジュメを見ることができなくする機能です。

この機能があれば、安心してスカウトサービスに登録できますね。

こんな場合はバレるかも!?

でも、レジュメ公開ブロック機能があるからといって完全に気を抜くのは危険です!

なぜなら、レジュメ公開ブロック機能は、ブロックしたい企業を一社一社選ばなければならないからです。

例えばあなたが営業マンで、取引先が非常に多いとしたら、全企業を漏れなくブロックしなければなりません。

当然、取引先の管理はしっかりされているでしょうから、あとはブロック機能でチェック漏れがないように十分注意してくださいね。

でも実際人事はそんなに詳細にレジュメを見ていない

ちょっと不安にさせるようなことを書きましたが、まずレジュメでバレることはないという理由をもう一つ説明します。

スカウトサービスは、一度に100人〜200人くらいスカウトメールを送信します。

なぜならスカウトメールの返信率は3〜5%と言われているからです。

100〜200人にメールを送るためにはもっと多くのレジュメをチェックしなければなりませんね。

でも、人事担当とはいえ中途採用だけをやってるわけではないので、正直言って何百人ものレジュメを全て読めるわけがないんです。

ということは条件指定して抽出されたレジュメをほとんど流し読み。

スカウトレジュメでバレることはまずないと言って良いでしょう。

転職活動がバレるのはどんなケース?

会社に転職活動していることがバレるのは、転職サイトに登録することだけではありません。

むしろ転職サイト以外の方がバレるリスクは多いです。

では、バレるケースを紹介していきます。

誰かに言ったとき

転職活動を会社にバレたくなければ、誰にも言ってはいけません。

自分をおとしめようと思っている人からリークされたり、悪気はなくても口が滑ることは誰だってあります。

そして人は噂好きですから、一度誰かにあなたが転職活動しているという情報が出回れば一気に広まりますし、人事や上司は辞めさせまいと必死になるでしょう。

SNSへの書き込み

これは言わずとも分かると思いますが、実名利用するSNSが増えてきた中でFacebookに投稿したり、Twitterで呟いたりしたらバレるリスクは一気に高まります。

会社の人は友人リストにいないとか、フォロワーにいないとしても、共通の友人として表示されますよね。

フォローしてなくても設定によっては投稿がのぞけてしまうので要注意です!

有給取得が多いとき

面接を受けるのは平日であることが多いため、転職活動をしていると必然的に有給取得が多くなります。

そんな時上司や人事は敏感に反応して転職活動をしているかもという疑いをもちます。

普段から有給を取らない人は特に気をつけてください。

有給を取って面接を受けるなら、できる限り1日に複数社の面接をまとめましょう。

そして、疑われたときの言い訳を考えておくことをオススメします。

活動中の姿を見られたとき

これはどちらかというと転職活動初期の頃にありがちなんですが、転職エージェントに登録するとまずは担当者との面談があります。

仕事が忙しいとわざわざエージェントに会うために平日休みをとったりはしませんから、休日にエージェントのオフィスに行くことになります。

エージェントのオフィスが繁華街付近にある場合は、オフィスに入るとき知り合いに見られたら、転職活動がバレてしまいます。

休日のエージェントとの面談に行くときは周囲に知り合いがいないか確認するようにしてください。

絶対に転職活動がバレたくないなら

転職活動が会社にバレてしまい、さらに転職を諦め会社に残ることになったら悲惨です。

では、転職活動をバレずにするにはどうすればよいのでしょうか。

私がオススメするのは転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すると、自分で探すよりも効率的に求人を探すことができるので早く転職が可能となります。

結果的に有休取得も減りますので、バレる確率をグッと下げることができるでしょう。

それに、求人を探すために面談をする必要があることを説明しましたが、エージェントとの面談は電話でもできるので休日知人に見つかることも防ぐことができます。

転職エージェントを利用すると何だか誘導されそう、といった不安をお持ちの方、転職エージェントは使い方次第で強力な味方になります。

転職エージェント活用のノウハウは以下の記事にまとめていますので、是非読んでから登録してくださいね。