転職サイトに登録したら40代でもスカウトはあるか?

現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。

(名前)
転職サイトに登録したけど、40代にもスカウトは来るのか?

そんな疑問を持ちながら、スカウトを待っている方は多いのではないでしょうか?

結論から言えば、40代でもスカウトはあります。

この記事ではスカウトが来るケースを紹介するとともに、注意すべきスカウトについても説明します。

40代でもスカウトはある

証拠をお見せできないのが残念ですが、私の中途採用担当経験の中で40代の方をスカウトして実際に入社されたケースが複数回あります。

たしかに30代に比べると可能性は低くなりますが、最近では年齢だけで不合格にできるほど採用側も楽ではありません。

なぜなら生産年齢人口が減り始め、人の取り合いになっているからです。

そして人口減少は止まらないと予測されていますので、売り手市場の傾向はもっと顕著になるでしょう。

こういった市場背景もあり、数歳の違いがあるからといって、年齢だけで不合格にすることはできなくなっています。

たとえば、未経験者の35歳と経験者の40歳なら40歳でも採用します。

40代半ば〜後半になると即戦力性が求められるものの、まだ可能性はあるのです。

40代でスカウトが来るのはどんな場合?

スカウトを受ける条件は何か、その答えは次の2点です。

良いケースと悪いケースの両方を紹介します。

良いケース:経験者である場合

年齢が高くなると、若い人よりも即戦力性が求められます。

即戦力とは言わなくても、なるべく早く戦力となってもらう必要がありますので、少しでも経験者であることが重要です。

その理由は、日本企業では未だに年功序列の傾向が残る企業が多いため、高い給与を払う分、戦力になってもらわなければ困るからです。

40代なら大企業では年収1000万を超える人もいますので、経験が求人内容とマッチしていることが重要になります。

悪いケース:急募の求人である場合

急募の求人であれば40代の方にもスカウトメールを送ることがあります。

経験者でないにも関わらず、40代の方にスカウトを送るのは、人手不足で余裕がない職場からの求人である可能性が高くなります。

ただ、そうでない場合もあり、敢えて即戦力性の高そうな40代の方にスカウトをかけていることもあります。

それを知る方法は、スカウトメールに飛びつくのではなく、求人の詳細を確認することです。

転職エージェントへの登録が必要になるかもしれませんが、求人の情報を得るためなら絶対に登録すべきです。

40代の転職は失敗できない

スカウトを受けたのは良いけど、もしかすると人が抜けやすいブラック企業かも?という不安がどうしてもつきまとうでしょう。

既に40代の方が、何度も転職するのは難しいですよね。

転職サイトに登録してスカウトを待つだけよりも、効率よく、しかもリスクを抑えるなら転職エージェントの利用をオススメします。

それは、スカウトを受ける条件でも書きましたが、40代の方は経験者であることを積極的にアピールする必要があるからで、スカウトサービスはこちらから積極的にアピールするには向いていないサービスだからです。

アピール先はもちろん、自分の職務経験とマッチする求人です。

その求人を探すために転職エージェントを使うんです。

ただし、転職エージェントを利用することと依存することを一緒くたにしてはいけません。

エージェントに頼りきりになり、紹介されるがままに求人に応募すると、受からず時間が無駄になり、やっとこさ内定が出たら、こんなに頑張ったのだからという気持ちで転職すべきでない会社に行ってしまうということになりかねません。

このブログでは、人事目線から転職エージェント利用時の注意点を紹介していますので、ぜひ読んでから登録してください!