理系就活チャージの評判は?メーカー希望の学生にオススメの理由を紹介!

現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です!

近年利用者が増加しているという「就活エージェント」。

大手で言えばリクナビやマイナビなどが挙げられますが、現役メーカー人事としてオススメのエージェントがあります。

それは中途採用業界で実績のあるメイテックネクストが運営する「理系就活チャージ」です。

今回は、人事目線で理系就活チャージのオススメポイントを紹介します。

理系就活チャージは就活エージェントのひとつ

本記事を読んでいる方には就活エージェントって何だろうという方もいると思います。

まだまだ一般的ではない就活エージェントですが「就活の不安は全て解決!理系学生にオススメの就活エージェントを紹介」という記事で詳しく紹介していますので、まずは読んでみてくださいね。

就活の不安は全て解決!理系学生にオススメの「就活エージェント」を紹介

2017.10.15

理系就活チャージをオススメする理由

実際に中途採用で利用している採用側の目線で理系就活チャージをオススメできる理由を紹介します。

エンジニア専門の転職エージェント「メイテックネクスト」が運営

理系就活チャージを運営する「メイテックネクスト」は、私自身中途採用業務で関わることがあります。

そこで感じるのは、求職者の専攻や募集職種への理解度が高いということです。

この理由は元エンジニア・理系出身のエージェントが多いためです。

また、中途採用の人材紹介で培った各企業とのパイプがあるため、正しく・詳細な求人情報を持っています。

これは、あなたが入社したい企業や、やりたい仕事が本当にマッチするか判断できる重要なポイントです。

理系学生ならではの就活の悩みを理解できる

エージェントが理系出身、メーカー経験者なので「研究内容が分かりにくく、上手く説明できない」「研究に専念してたので部活やサークルでアピールできない」といった、理系学生ならではの悩みも理解し、アドバイスしてくれます。

悩みは経験者に相談するのがイチバンですよね。

理系学生の悩みはエージェント自身も経験してきたことであり、そこに就活ノウハウが加わるので理系学生にとって最強のアドバイザーになるのではないでしょうか。

専門的なセミナーを多数開催

「専攻学科別」「業界別」「就活ステップ別」のセミナーが開催されています。

専攻学科別と業界別にセミナーを開催できるのは、メーカーや理系学科を知り尽くしたエージェントだからこそです。

理系就活チャージの注意点と使い方

メリットばかりに思える理系就活チャージですが、注意点もおさえて賢く利用しましょう。

理系就活チャージを運営するメイテックネクストは人材紹介会社であり、そこでできた5000社との繋がりを強みにしているわけですが、大中小合わせて5000社と思われますので希望の企業の求人がない可能性もあります。

また、往々にして転職エージェントと同様に、エージェントを頼ってうまくいくかどうかは、担当者のレベルに左右されます。

(詳しくは「転職エージェントの比較は意味がない?正しい選び方を現役人事が紹介!」という記事で説明しています)

就活エージェントを利用しない就活も並行すること

エージェントに頼り切ってしまうと、希望の企業がない場合や担当者のレベルが低い場合、満足できる就活ができない可能性があります。

そのため、まずは就活エージェントである理系就活チャージを情報収集の媒体として利用し、信頼できる担当者なら頼ることをオススメします。

理系就活チャージを使って業界、企業、職種に関する詳しい情報を得ることで、分かりにくかった職種や業界のイメージができるようになります。

たとえエージェントに希望の企業の求人がなくとも通常の就活で応募できます。

また通常の就活だけを行い、社名や会社規模やイメージだけにこだわって就活をして、入社後イメージと違ったなんてことを防ぐこともできます。

おわりに

今回は理系就活チャージのオススメポイントを紹介しましたが、本ブログでは現役メーカー人事の私が業務の経験をもとに就活ノウハウを紹介しています。

以下、就活関連記事を貼っておきますので皆さんの就活にお役立てください。

就活の軸の決め方|やりたいことがない就活生がまず考えるべきこと

2017.10.21

【2019卒就活】面接で大事なことは現役人事が全部まとめたからコレだけブクマしとけば大丈夫

2017.10.07

意識次第!就活に必要なコミュニケーション能力の鍛え方

2017.09.28

他の就活生に差をつける企業研究の方法を現役人事が紹介!

2017.09.21

インターンシップとは?メリットや就活に役立てる方法を人事が紹介!

2017.09.15